オフィス情報

時代を創る企業にふさわしい、合理的なオフィス空間。

成熟の新宿・新都心を代表する存在感 ― 新宿野村ビル

新宿副都心計画から、都庁を中心とした「新都心」へ―
超高層時代の先駆けとして日本の都市計画史に名を刻む、西新宿超高層オフィス街。
高度成長期以降の日本のビジネスシーンを支えてきた超高層ビル群に建つのが、「新宿野村ビル」。
企業のイメージを向上し、商談機会の促進や人材確保にも貢献する、超高層ビルのステイタス。
本社として、営業拠点として、スタッフ募集をはじめとする戦略拠点として……新都心「新宿」の基幹ビル・新宿野村ビルには、ビジネスの効率を大幅に引き上げる条件が揃っています。

開放的な就業環境を作り出す、350坪超のオフィス空間。

ワイドな窓面によって開放感を演出する、新宿野村ビルのフロア設計。特に高層階からの眺望は、就業環境への快適性を高める要素です。閉塞感の少ないオフィスプランニングは、社員のモチベーションアップへの大きなポイント。
350坪超という空間とともに、スタッフが業務に集中できる環境づくりを支援します。

効率的なオフィス空間を可能にする、スクエアなゾーニング。

超高層ビルの利点のひとつとして、独特の構造の産物である高効率なオフィス空間が挙げられます。梁や柱の突出感を抑えたスクエアな空間設計が施されているため、効率の良いオフィス・レイアウトを計画することができます。また、専用部と共用部のゾーン分けも明確で、機密性の高い業務を行う際にもセキュリティの確保が可能です。

地震に安全な柔構造

地震の衝撃を和らげる柔構造に、揺れを減らす鋼板耐震壁等を採用。基礎は東京礫層の剛強な地盤に直接支えられています。

24時間有人管理(防災センター)

日々の管理はもちろん、万一の場合においても迅速に対応すべく、24時間・365日、無休体制の防災センターを設置しています。

分割空調を採用

1/4フロア単位での空調制御が可能。
細かな温度設定で、快適なオフィス環境を実現します。


OAコンセント容量
30VA/m2

OA機器の使用がますます増えるオフィス環境に対応し、コンセント容量を30VA/m2としました。
最大50VA/m2までの増強(オプション)が可能です。

トピックス

地球温暖化対策計画書について 地球温暖化対策計画書(60K)PDF

新宿野村ビルでは、東京都条例に基づき2006年1月12日に「地球温暖化対策計画書」を提出いたしましたので計画内容を公表させて頂きます。
なお、東京都より当計画書の取組みに関し最高評価となるAA評価を頂きました。引続き入居テナント様のご協力を頂きながら、地球温暖化防止に努めて参りたいと考えております。

地球温暖化対策中間報告書について 地球温暖化対策中間報告書(56K)PDF

新宿野村ビルでは、上記計画書に基づき2007年6月29日に「地球温暖化対策中間報告書」を東京都に提出いたしましたので中間報告内容を公表させて頂きます。
なお、東京都より当中間報告の取組に関しAA+の評価を頂きました。引続き入居テナント様のご協力を頂きながら、地球温暖化防止に努めて参りたいと考えております。

Copyright © NOMURA REALESTATE DEVELOPMENT Co.,Ltd. All rights reserved.